MENU

ポイントを押さえたら歯のヤニ取りに悩まされなくなった

営業職として活躍している私は、いつからかタバコを吸うようになりました。

 

お客さんの中には喫煙者が多いので、話をして仲良くなろうと喫煙所まで付いて行くのを繰り返すうちにタバコが好きになったのです。
ただしタバコ嫌いなお客さんも中にはいるので、消臭や歯のヤニ取りには気を使っています。

 

今ではタバコを吸った後の消臭やヤニ取りに苦戦する事はありません。
ですがタバコを吸い始めた頃は違いました。

 

臭いについてはタバコを吸う前から注意していたので苦戦しませんでしたが、ヤニ取りはコツを掴むまで上手にできなかったのです。
タバコのタールのせいで黒ずんでしまった歯は、相手に良い印象を与える事はありません。

 

お客さんに気に入られなきゃ仕事にならない営業職の私にとって、速やかに解決しなければならない問題でした。

 

そこで私は本やインターネットを使って、ヤニ取りのやり方について調べてみました。
その結果、私はヤニ取りのコツをあっさり掴む事に成功したのです。

 

そもそもタバコを吸い続ける事で生じるヤニは、タバコのタールが歯をコーティングしているペリクルと結びつく事で発生します。
結びつきが強固なせいで懸命になって歯を磨いても、なかなかヤニが落ちないのです。

 

ですが結びつきが強くなるのには、ペリクルにタールが付着してから数時間は経過しなければなりません。
タールとペリクルが触れ合っている時間が短ければ、結びつきは弱い状態です。

 

その事を知った私は、タバコを吸ったら直ぐに歯磨きする事を習慣にしています。それ以来、歯のヤニ取りで悩んだ事はありません。