MENU

歯のヤニ取りに効果的な方法とは

私はタバコやワインなどを趣味にしていたのですが、長年に渡って歯の「ヤニ汚れ」に悩まされていました。

 

一度ついてしまったヤニ汚れは通常の歯磨きではなかなか落ちないので、歯科医院でのホワイトニングを検討しましたが、費用面と通院が必要なことから、断念しました。
さらに、自宅の近くから通える距離になかったこともヤニ取りのためにクリニックへ行く事を断念した理由でもあります。

 

そこで、自宅で出来るヤニ取りの方法をとることにしました。
まずは、ヤニが付着してしまう原因を知る事から始めました。

 

ヤニというものは、歯の表面を覆っている「ペクリル」というたんぱく質とタールや色素などが結びつくことによって「ステイン」という物質に変化します。
このステインのせいで黄ばみなどの色素沈着が起こります。

 

私の場合、職場でも喫煙室でタバコを吸ったり、飲み会の席でもタバコを吸うことがあるので、タバコを吸ったその都度に歯磨きをすることは難しいことでした。

 

そこで、音波を出す電動歯ブラシを使い始めました
このブラシは音波のでる振動が出て、それによって通常の歯ブラシでは届かない歯の間の汚れや色素を音波による振動で汚れごと破壊することができます。
したがって、ヤニ汚れだけでなく食べかすやプラークなども落とすことができるので虫歯も予防することができる優れものと考えました。

 

私はヤニ汚れの他にも歯周炎も気になっていたので、これを使うことによって歯茎の腫れも収まりました。
そして、歯磨き粉にもこだわりました。例えばPEG・PVPと呼ばれるヤニに効果のある成分が配合されたものを選んで使いました。